Our Technology

R-iOrgans

R-iOrgans is proprietary technology to watch inter-organ crosstalk system in our whole body and capture the earliest sign(s) of a disease(s).

Renal diseases (e.g., chronic kidney disease) and their subsequent complications are currently incurable. By the time that their conditions are identified by the conventional diagnostic methods (e.g., blood and urine tests, etc., they are already irreversible. Hence, a method that could capture their earliest sign(s) may find their conditions at their reversible stage, leading to the potential cure of such diseases. We are currently developing a diagnostic system that could identify the earliest signals of such disease conditions. Our system is based on the findings of the inter-organ cross-talk system mediating the communications among the kidney and other organs. Furthermore, our diagnostic system under development could be used by anyone, at anywhere, requiring no expensive equipment or electricity, and will be provided at very affordable cost.

Contents

D-iOrgans

F-iOrgans

R-iOrgans

Our Technology

F-iOrgans

F-iOrgans identifies molecular targets for effective pre-emptive treatments of potentially irreversible disease conditions, should the treatment(s) be late.

Currently, no cure exists for kidney diseases and their complications – only temporal alleviation of the symptoms or management procedures for the conditions (e.g., dialysis) are available. We develop drugs for effective pre-emptive treatments of such diseases. At Karydo TherapeutiX, Inc., we use proprietary technology, F-iOrgans, to manipulate inter-organ crosstalk system underlying such and other related disease conditions.

Contents

D-iOrgans

F-iOrgans

R-iOrgans

Our Technology

D-iOrgans

D-iOrgans identifies new disease targets for drugs (i.e., drug repositioning) and also provides the comprehensive body-wide survey for drug safety.

We provide comprehensive transcriptome datasets and analytic methods. They can be used for computational mining for drug repositioning, for reference data for drug safety test, for research tools for scientists and students, and also for non-scientists who would like to know more about drugs, etc. The paper on D-iOrgans is available online; S. Kozawa et al., “The body-wide transcriptome landscape of disease models” , iScience (2018), doi: 10.1016/j.isci.2018.03.014

Contents

D-iOrgans

F-iOrgans

R-iOrgans

Our Technology

R-iOrgans

腎臓病やその合併症は、その予兆を少しでも早期に見つけることが治療/予防の鍵です。全身の器官どうしのコミュニケーションシグナルを捉え、誰もが「未病」段階で予兆を察知できる計測システムを開発中です。

慢性腎疾患やその合併症は、現代医療では治癒できないにもかかわらず、血液検査や尿検査など既存の検査法では、本来の健全な状態には戻れない不可逆な状態になった後でしか検出することができません。もし、可逆的な段階で病気の予兆を見つけることができれば、治癒や予防が可能になります。そこでKarydo TherapeutiXは、これらの疾患の、最も早い段階で発せられるシグナルを察知できる診断システムを開発中です。その診断システムは、居住地域、貧富、操作能力などに依らず、誰もが、どこでも使用できる、安価で簡便なものを目指しています。

Contents

D-iOrgans

F-iOrgans

R-iOrgans

Our Technology

F-iOrgans

器官どうしの多次元的なクロストークネットワークに介入することで、 現在、有効な治療医薬品がなく根治が困難とされている全身性疾患を対象とした、先制的治療法の開発に取り組んでいます。

現在、腎臓疾患やその合併症には、人工透析などの緩和療法は存在しますが、根治療法は存在しません。そのような、体内のさまざまな臓器や器官が関与する複雑な多器官連関性疾患に有効な先制的治療法の確立を目指し、Karydo TherapeutiXでは、F-iOrgansを用いて疾患に関わる器官間のクロストークシステムを操作する技術の開発を進めています。

Contents

D-iOrgans

F-iOrgans

R-iOrgans

Our Technology

D-iOrgans

新薬開発、副作用の予測、ドラッグリポジショニング、そのほか全般的なバイオインフォマティクス研究やその教育活動に役立つ、生体の多器官連関に基づくビッグデータならびにAIを活用した解析ツールを提供しています。

糖尿病、高コレステロール、神経疾患、骨の疾患などの治療において世界で広く使用されている医薬品の、全身での効果と副作用を表す包括的なトランスクリプトームデータセットを提供しています。医薬品の有効性・安全性、ドラッグリポジショニング研究のためのマイニングデータとして、また科学者や学生の研究材料、医薬品について詳しく知りたい一般のみなさまの参考資料として活用していただけます。

D-iOrgansの詳細は、下記論文をご参照ください。
S. Kozawa et al., “The body-wide transcriptome landscape of disease models” (和訳:疾患モデルにおける全身網羅的多器官遺伝子発現地図), iScience (2018), doi: 10.1016/j.isci.2018.03.014

Contents

D-iOrgans

F-iOrgans

R-iOrgans

About us

Company name

Karydo TherapeutiX, Inc.

Address

HQ :

Sagamiya Honsha Bldg. 7th Floor, 6-Ichibancho, Chiyoda-Ku, Tokyo 102-0082, JAPAN

BO :

ATR Bldg. 2th Floor, 2-2-2Hikaridai, Seika-cho, Soraku-gun, Kyoto 619-0288, JAPAN

Board of Directors :

Thomas N. Sato, Ph.D. (Chair and Scientific Founder)
Keiko Sugisaka
Hisashi Mitsuguchi

Auditor :

Haruhiko Uchiyama

Scienticfic Advisory Board :

Ryozo Nagai, MD, Ph.D. (President, Jichi Medical University / Professor Emeritus, University of Tokyo)

Scientific Founder

Thomas N. Sato, Ph.D.

Scientific Founder and Chair of Board of Directors, Karydo TherapeutiX, Inc.

Director, The Thomas N. Sato BioMEC-X Laboratories, Advanced Telecommunications Research Institute International, Kyoto, Japan

Research Director, ERATO Sato Live Bio-forecasting Project, Japanese Science and Technology Agency, Kyoto, Japan

Adjunct Professor, Cornell University, Graduate School of Biomedical Engineering, New York, USA

Affiliate Member, Centenary Institute, Sydney, Australia

Dr. Sato is ranked among the top 1% most cited scientists in the field of molecular biology and genetics. The most cited papers include: T.N. Sato, Y. Tozawa, U. Deutsch, K. Wolburg-Buchholz, Y. Fujiwara, M. Gendron-Maguire, T. Gridley, H. Wolburg, W. Risau and Y. Qin, “Distinct roles of the receptor tyrosine kinases Tie1 and Tie2 in blood vessel formation.” Nature 376:70-74 (1995) C. Suri, P.F. Jones, S. Patan, S. Bartunkova, P.C. Maisonpierre, S. Davis, T.N. Sato and G.Y. Yancopoulos, “Requisite role of angiopoietin1, a ligand for the TIE2 receptor, during embryonic angiogenesis.” Cell 87:1171-1181 (1996) P.C. Maisonpierre,* C. Suri,* P.F. Jones,* S. Bartunkova,* S.J. Wiegand, C. Radziejewski, D. Compton, J. McClain, T.H. Aldrich, N. Papadopoulos, T.J. Daly, S. Davis,* T.N. Sato* and G.D. Yancopoulos* (* equal contribution,) “Angiopoietin-2, a natural antagonist for Tie2 that disrupts in vivo angiogenesis.” Science 277:55-60 (1997)

Awards and Honors:

19731st place winner of National Science Contest for Elementary School Students (Japan)
1983American Heart Association, Established Investigator Award(-2001)
1985Predoctoral Fellowship, Georgetown University, Washington, DC (-1988)
1987Cold Spring Harbor Summer Fellowship, Cold Spring Harbor Laboratories, Cold Spring Harbor, NY
1998American Heart Association, Established Investigator Award (-2001)
2005Jokichi Takamine Research Award (Japanese Endocrinology and Cardiovascular Society)
2006Listed among the top 1% most cited authors for journals in Molecular Biology and Genetics
2006Scientific Advisory Board Member, Surface Logix, Inc. (-2008)

Accomplishment in Technology Development:

UTSD:0672 (UT Southwestern Medical Center at Dallas, Texas, USA) "Transgenic Mouse Expressing Green Fluorescent Protein Specifically In Vascular Endothelium (Tie2-GFP Mouse) (JAX strain 003658)"

Licensees:

Genentech, Inc., Novartis Institutes for Biomedical Research, Sanofi-Synthelabo Recherche, Bayer AG, Columbia Innovation Enterprise, ImClone Systems Incorporated, Jackson Laboratory, Monsanto Company, Merck & Co., Inc.

Other notable accomplishments:

Dr. Sato is an Ironman Triathlete and completed several Ironman triathlon races including Ironman Lake Placid, Ironman Japan, Ironman Coeur d’Alene.

iOrgans Technology:

iOrgans Technology, our technology platform, is based on the understanding of the operating principles of organ-to-organ cross-talks in our body. It consists of three components, R-, F- and D-iOrgans.

We take advantage of unique features of iOrgans Technology to develop diagnostic systems, drugs, and computational tools and other technology-related products to contribute to the improvement of quality-of-life of mankind and all living systems.

Our Technology

D-iOrgans

D-iOrgans identifies new disease targets for drugs (i.e., drug repositioning) and also provides the comprehensive body-wide survey for drug safety.

F-iOrgans

F-iOrgans identifies molecular targets for effective pre-emptive treatments of potentially irreversible disease conditions, should the treatment(s) be late.

R-iOrgans

R-iOrgans is proprietary technology to watch inter-organ crosstalk system in our whole body and capture the earliest sign(s) of a disease(s).

“iOrgans” is our proprietary biomedical data science (BDS)-based AI technology that decodes the body-wide organ-to-organ crosstalks. Using this proprietary platform technology, we provide personalized medical solutions to everyone.

Pickup Contents

Our Technology

About “iOrgans Technology”

Scientific Founder

Meet Our Scientific Founder,
Thomas N. Sato, Ph.D.

The Latest about Us

About us

社名

Karydo TherapeutiX株式会社

所在地

本社

〒102-0082 東京都千代田区一番町6 相模屋本社ビル7F

けいはんな支社

〒619-0288 京都府相楽郡精華町光台2-2-2 (ATR内)

役員等

代表取締役:佐藤 匠徳
取締役:杉坂 恵子、三ツ口 尚志(社外)
監査役:内山 春彦(社外)

科学顧問:永井 良三(自治医科大学 学長)

Scientific Founder

佐藤 匠徳 (Thomas N. Sato)

Scientific Founder・代表取締役

株式会社国際電気通信基礎技術研究所
佐藤匠徳特別研究所 所長

国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)
ERATO佐藤ライブ予測制御プロジェクト 研究総括(兼任)

コーネル大学医工学研究科 教授(兼任)

センテネリー研究所(豪) 教授(兼任)

公立大学法人奈良県立医科大学 教授(寄付講座「Virtual Human InformatiX Clinic (V-iCliniX)」)

国立大学法人東京医科歯科大学 非常勤講師(兼任、現在)

略歴

1962山口県萩市生まれ
1975広島学院中学校入学
1981広島学院高等学校卒業
1985筑波大学生物学類卒業
1988米国ジョージタウン大学神経生物学専攻 Ph.D.取得
1989米国スクリプス研究所 ポストドクトラル・フェロー
1991米国ロッシュ分子生物学研究所 Member, Principal Investigator(PI)
1995米国ハーバード大学医学部 助教授
1997米国テキサス大学サウスウエスタン医科大学 准教授(テニュア)
2003同大学 教授
2005米国コーネル大学医学部 Joseph C. Hinsey Professor
2009国立大学法人奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科 教授(〜2014年7月)
2009米国コーネル大学医工学研究科 教授(兼任、現在)
2009豪州センテネリー研究所 教授(兼任、現在)
2013 国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)ERATO佐藤ライブ予測制御プロジェクト 研究総括(兼任、現在)
2014株式会社国際電気通信基礎技術研究所 佐藤匠徳特別研究所 所長(現在)
2015Karydo TherapeutiX株式会社 代表取締役
2019国立大学法人東京医科歯科大学 非常勤講師(兼任、現在)
2019公立大学法人奈良県立医科大学 教授(寄付講座「Virtual Human InformatiX Clinic (V-iCliniX)」)(兼任、現在)

受賞歴

1973自然科学観察コンクール 文部大臣賞
1998American Heart Association, Established Investigator Award(〜2001)
2005日本心血管内分泌代謝学会高峰譲吉研究奨励賞
2006米国Surface Logix, Inc., Scientific Advisory Board Member (〜2008)

企業との共同研究実績

Regeneron Pharmaceuticals, Inc./ImClone Systems, Inc. /Monsanto Company/Surface Logix, Inc. /第一三共株式会社/アスビオファーマ株式会社

病院・クリニックとの共同研究実績

独立行政法人国立病院機構呉医療センター中国がんセンター/独立行政法人国立病院機構広島西医療センター/独立行政法人国立病院機構四国こどもとおとなの医療センター

技術開発実績

米国テキサス大学サウスウエスタン医科大学における血管形成に関する発明(2000年)は、下記を含む世界の製薬企業およびバイオテク企業にライセンス提供されている

Genentech, Inc./Novartis Institutes for Biomedical Research/Sanofi-Synthelabo Recherche/Bayer AG/Columbia Innovation Enterprise/ImClone Systems Incorporated/Jackson Laboratory/Monsanto Company/Merck & Co., Inc.など

そのほか

佐藤匠徳はトライアスリートでもあり、これまでIronman Lake Placid、 Ironman Japan、Ironman Coeur d’Aleneなど多数のレースにおいて、エージグループで上位入賞を果たしている

多器官連関を“見える化”する独自技術

当社の基盤技術「iOrgansテクノロジー」は、私たちのからだに存在する数多くの器官 (心臓、脳、肝臓、腎臓など) どうしの多次元的なクロストークネットワークの作動原理を理解し、介入することで、疾患の早期発見や、先制的治療の分子ターゲットの同定を可能にし、また、薬や食品の、からだ全体へ及ぼす作用/副作用を捉える技術です。当社は、この基盤技術を活用し、さまざまな技術開発・商品開発を行うことで、健康長寿、QOL (生活や人生の質) の向上に貢献します。応用展開として、薬や食品素材の全身での作用を検出するためのDrug(D)-iOrgans、病気の予兆を予測・検出するためのReverse(R)-iOrgans、病気を予防/先制治療するためのForward(F)-iOrgansの3種類があります。

Our Technology

D-iOrgans

新薬開発、副作用の予測、ドラッグリポジショニング、そのほか全般的なバイオインフォマティクス研究やその教育活動に役立つ、生体の多器官連関に基づくビッグデータならびにAIを活用した解析ツールを提供しています。

F-iOrgans

器官どうしの多次元的なクロストークネットワークに介入することで、現在、有効な治療医薬品がなく根治が困難とされている全身性疾患を対象とした、先制的治療法の開発に取り組んでいます。

R-iOrgans

腎臓病やその合併症は、その予兆を少しでも早期に見つけることが治療/予防の鍵です。全身の器官どうしのコミュニケーションシグナルを捉え、誰もが「未病」段階で予兆を察知できる計測システムを開発中です。

私たち Karydo TherapeutiX は、生体の多器官連関ネットワーク(全身の器官どうしのクロストーク)を見える化する独自のデータサイエンス・AIの技術を駆使し、新薬開発や疾患の早期発見・早期治療に貢献するメディカルソリューションを創造・提供しています

Pickup Contents

Our Technology

多器官連関ネットワークを可視化する当社独自技術 iOrgans Technology について

Scientific Founder

当社代表 佐藤 匠徳 (Thomas N. Sato)について
当社に関するニュースやプレスリリース、お知らせを掲載しています