2018年1月11日
D-iOrgans Atlasが、次のメディアで紹介されました。

・日経バイオイテクOnline(2018年1月11日号)
   「 Karydo、遺伝子発現DBの利用者に役立つ自作のアプリなどを募集:
      グランプリには100万円


2018年1月5日
D-iOrgans Atlasが、次のメディアで紹介されました。

京都新聞(2018年1月5日)
「AIで薬効予測:マウスデータとヒト遺伝子情報 深層学習」


2017年12月24日
D-iOrgans Atlasが、次のメディアで紹介されました。

・日経産業新聞(2017年12月22日)
「薬の影響 臓器別データ:東京のバイオVB 転用の研究促進」


2017年12月17日
D-iOrgans Atlasが、次のメディアで紹介されました。

・日刊薬業(2017年12月8日 朝刊)
「薬物作用の遺伝子発現、解析データの提供開始:バイオベンチャーのキャリュードゥ」

・日経バイオイテクOnline(2017年12月11日号)
   「 バイオベンチャーのKarydo、医薬品投与後のマウスの24器官の遺伝子発現データ公開:
      JSTのERATO事業の研究成果を事業化

・化学工業日報(2017年12月12日 朝刊)
   「医薬品作用データ公開:カリウド マウス全身を網羅」

・薬事日報(2017年12月13日 朝刊)
   「医薬品作用データベース開設」

・ピアウイ連邦大学(ブラジル)WEBサイト
   「 Egressa da UESPI integra grupo internacional de pesquisas tecnológicas sobre doenças crônicas
      (和訳:卒業生が慢性疾患に関する国際的な技術研究に携わっています)


2017年12月9日
D-iOrgans Atlas 活用講習会のご案内 (★大学・企業研究者様向け★)
医薬品の作用を、マウスの計24器官の遺伝子発現パターンを一挙に網羅解析したデータとして提供する「D-iOrgans Atlas」の特長や利用方法について、研究に従事しておられる実践者向けに、デモを含めて詳しく紹介します。下記およびこちらをご覧の上、奮ってご参加ください。
      ◆開催概要
      日 時 : 2018年1月10日(水曜日) 13:30〜16:30(開場13:00)
      会 場 : 国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)東京本部別館(K’s五番町)1階ホール
                     (JST東京本部別館へのアクセスはこちら)
      参加費 : 無料(参加登録制、定員156名)
      参加登録・照会先 : sugisaka@karydo-tx.com(杉坂)


2017年12月8日
D-iOrgans Atlas イノベーションコンテストのご案内
当社が運営する医薬品作用の全身網羅データベース「D-iOrgans Atlas」では、この搭載データを用いて利用者に役に立つ、あるいは楽しめる新しい活用法(データ解析ツール、汎用アプリ、ゲーム等)を募集しています。グランプリには100万円を贈呈。たくさんのご応募をお待ちします。
◆コンテスト詳細説明(https://www.d-iorgans.karydo-tx.com/contest)をご覧の上、奮ってご応募ください。


2017年12月7日
医薬品作用の全身データベース「D-iOrgans Atlas」(遺伝子網羅データのオンライン販売サイト)を開設しました。多器官連関ネットワークに基づく遺伝子発現解析とAI解析とを用いて、世界で広く使われている医薬品が全身に与える影響について、その生データと知見を提供するWEBサイトです。
◆「D-iOrgans Atlas」(https://www.d-iorgans.karydo-tx.com/)
◆報道発表資料「「ドラッグ・リポジショニングの宝箱」を提供します:医薬品作用の全身網羅データベース「D-iOrgans Atlas (ディー・アイ・オーガンズ・アトラス)」開設


2016年12月1日
京都府けいはんな学研都市に研究開発拠点「KTXラボラトリー」を開設しました。


2016年12月1日
事業推進のため第三者割当増資を実施しました。


2016年4月25日
サントリーグローバルイノベーションセンター及び国際電気通信基礎技術研究所と、化合物の生体作用に関する共同研究契約を締結しました。
◆報道発表資料「D-iOrgansテクノロジーを用いて食品素材の“真の効果”を調べる


2016年4月1日
執行体制を改変しました。


2016年3月1日
本社を右記に移転しました。 ▶▷▶ 〒102-0082   東京都千代田区一番町6  相模屋本社ビル7階

2015年10月21日
科学技術振興機構(JST)、日本経済新聞などから弊社設立が報じられました。


2015年10月15日
Karydo TherapeutiX株式会社として創業しました。