佐藤 匠徳 (Thomas N. Sato)

Scientific Founder・代表取締役

株式会社国際電気通信基礎技術研究所 佐藤匠徳特別研究所 特別研究所長

国立研究開発法人科学技術振興機構(JST) ERATO佐藤ライブ予測制御プロジェクト 研究総括(兼任)

略歴:
1962      山口県萩市生まれ
1975      広島学院中学校入学
1981      広島学院高等学校卒業
1985      筑波大学生物学類卒業
1988      米国ジョージタウン大学神経生物学専攻 Ph.D.取得
1989      米国スクリプス研究所 ポストドクトラル・フェロー
1991      米国ロッシュ分子生物学研究所 Member, Principal Investigator(PI)
1995      米国ハーバード大学医学部 助教授
1997      米国テキサス大学サウスウエスタン医科大学 准教授(テニュア)
2003      同大学 教授
2005      米国コーネル大学医学部 Joseph C. Hinsey Professor
2009      国立大学法人奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科 教授(〜2014年7月)
2009      米国コーネル大学医工学研究科 教授(兼任、現在)
2009      豪州センテネリー研究所 教授(兼任、現在)
2013      国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)ERATO佐藤ライブ予測制御プロジェクト 研究総括(兼任、現在)
2014      株式会社国際電気通信基礎技術研究所 佐藤匠徳特別研究所 特別研究所長(現在)
2015      Karydo TherapeutiX株式会社 代表取締役

受賞歴:
1973      自然科学観察コンクール 文部大臣賞
1998      American Heart Association, Established Investigator Award(〜2001)
2005      日本心血管内分泌代謝学会高峰譲吉研究奨励賞
2006      米国Surface Logix, Inc.、Scientific Advisory Board Member (〜2008)

企業との共同研究実績:
Regeneron Pharmaceuticals, Inc./ImClone Systems, Inc. /Monsanto Company/Surface Logix, Inc. /第一三共株式会社/アスビオファーマ株式会社

病院・クリニックとの共同研究実績:
独立行政法人国立病院機構 呉医療センター中国がんセンター

技術開発実績:
米国テキサス大学サウスウエスタン医科大学における血管形成に関する発明(2000年)は、下記を含む世界の製薬企業およびバイオテク企業にライセンス提供されている。
Genentech, Inc./Novartis Institutes for Biomedical Research/Sanofi-Synthelabo Recherche/Bayer AG/Columbia Innovation Enterprise/ImClone Systems Incorporated/Jackson Laboratory/Monsanto Company/Merck & Co., Inc.など

そのほか:
佐藤匠徳はトライアスリートでもあり、これまでIronman Lake Placid、 Ironman Japan、Ironman Coeur d’Aleneなど多数のレースにおいて、エージグループで上位入賞を果たしている。